将来性の高い看護師の仕事

社会人になる頃、将来について考え始めると「誰かの役に立ちたい」、「社会に参加して自分を役立てたい」と考えるようになるかと思います。そのためには何ができるか、どういう仕事をすれば役立つことになるのか。小さい頃から考えて職業を選ぶ人もいれば、偶然高校卒業間際になって思いついた人もいるでしょうが、考えた結果は同じ「自分を社会の誰かのために役立てたい」です。

奉仕心の強い女子に人気が高いのは看護師。自分の知り合いや家族に病人がいたりする場合、特にそう思えることでしょう。女性の社会進出の基盤がまだしっかりできていない中、一番待遇面で恵まれているのは看護だといってもいいでしょう。女性が多い職種であることに加え、どの病院も人材を欲しているために、少しでも多くの方々が長く勤められる環境を整えています。

実際に役に立てるようになるのはずっと先のことですが、それでもその目標に向かって頑張っているだけでも価値があります。看護教育の中で一番大変で一番役に立つ経験ができるのが「看護実習」です。実際に患者に接してみた感じはどうなのでしょう。座学の内は紙の上に書かれた病気や現象に命の重さはありませんから、実感として沸いてこないということもあります。実習に入って先輩看護師の仕事を見るだけでも、どきどきしたかもしれません。医師や看護師がどう患者を扱い治療に向けての努力をしているかを肌で感じることで、背筋も伸びてくる思いがするのではないでしょうか。

実習は習いたての教育が活きる時です。その目でしっかり見て判断することで、業務への自信が湧いてきます。ちょっとした疑問や思うことは遠慮せず先輩看護師に相談してみて、どう思うかどうするかを確認するのも大事です。そして実習の中にあった事や見た事、患者さんの様子はどうだったかはもっと後になって何かの時にふっと思い出し、参考になることでしょう。練習の積み重ねがこれからの看護人生に大きく関わってくるのです。看護師を夢見る女子に見てほしいサイトはこちら

Tags: ,

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です